donate image

The Players

Rabbi Binyomin Edery and his wife Efrat established Chabad of Japan in 1999 in Omori, Ota-ku, Tokyo. They came as pioneers and created the first permanent residence for Chabad in Japan. Over the past 17 years, Chabad of Japan has helped many people find a spiritual home in Tokyo, regardless, of creed or color. From births to bar mitzvahs to weddings, regular Shabbat, holiday and High Holiday services, Chabad is a lively place where everyone is warmly welcomed.

The Work

When the Ederys came to Tokyo with $400 in their pockets, their current place was perfect. Since then, they’ve raised nine children. They have 7,000 members in their congregation. But their work goes well beyond the congregation. Over the years, the Rabbi has been active counselling prisoners, providing emotional and financial support to the needy and offering help during national crises especially during the Tsunami. In August 2016, Rabbi Edery opened the first ever Chabad House in Kyoto, Japan. Imagine their surprise when 150 guests came for the first Shabbat service. Clearly, they need a bigger kitchen table to feed the community’s stomachs and souls. The Ederys have long been dreaming of moving for years, and just recently, the perfect property was offered to them. That’s where we come in.

The House

Built by Czech-American architect Antonin Raymond—a student of Frank Lloyd Wright—this historic home has been owned solely by Jewish families setting down roots in Japan for over 100 years. The owners wanted this tradition to continue, and wished that Rabbi Edery purchase the property for the new Chabad facility.

This spacious corner lot is the perfect place for Chabad to create a new home where people can meditate, relax, connect with themselves, with each other, and with the Creator. The property has enough room for the many guests, study groups, community meals, counselling sessions, and friends from around the world who will be welcomed warmly and unconditionally.

The Ederys will continue to provide delicious free hot kosher meals, hold study and cooking classes, one-on-one learning opportunities, and host a vibrant women’s group with more space. The large corner lot is perfect for creating a healing garden, with its many century-old fruit trees and ample land to grow vegetable and herbs. How rare is such an oasis in Tokyo? Sounds like a miracle.

Your Mission, Should You Choose to Accept It:

The Ederys came to Japan on Chanukah Eve 17 years ago. From day one, they hit the ground running to help their new neighbours. This Chanuka, Chabad of Japan celebrated its 17th anniversary, entering its “Chai” 18th year. They’ve given us so much. This is our chance to give back. They need our help to raise $1 million, or the opportunity will be lost.

Let’s help them grow in this new, sacred space!

Please consider making a contribution to help Chabad Japan find its new home in this special corner of Tokyo.

No amount is too small.

Chabad Japan Building campaign staff

日本人とユダヤ人のかけ橋となる
東京の歴史的建造物「マゴメ・ハウス」を救うため
目標額に到達できる募金に、みなさまのお力をください
世界的な建築家による建造物が解体の危機に
東京の大森山王と馬込を結ぶ場所に、通称「ジャーマン通り」と呼ばれるストリートがあります。ここは1991年までおよそ70年続いたドイツ人の街でした。今でもルーテル教会をはじめその面影が残っています。

その馬込の一角に1929年に竣工された通称「マゴメ・ハウス」と呼ばれる洋館があります。

旧帝国ホテルの設計者として知られるフランク・ロイド・ライトの弟子でもあった世界的な建築家アントニン・レイモンドの設計によるこの建物は、ドイツ系ユダヤ人商人ローゼンバーグ氏と日本女性の夫妻の住宅として建築されたものでした。

レイモンドの手による戸建て住宅としては、おそらく港の見える丘のエリスマン邸(1926竣工)に次ぐ2邸目であり、震災や戦災などを経て現存する、個人住宅として大変希少な物件です。

そのマゴメ・ハウスが今、不動産デベロッパーによる解体の危機にさらされています。

手入れをされていないマゴメ・ハウスが土地と一緒に売りに出されており、入札者であるデベロッパーは利潤を増やすため、おそらく建物を壊して更地にし、土地を区分して再販するものと思われるのです。
東京在住のユダヤ教ラビが再建に立ち上がる
この日本人とユダヤ人にとってゆかりのある歴史的建造物を解体から守り、両民族のかけ橋となる文化センターとして再建しようと立ち上がった人物がおります。1999年に来日して以来、東京に在住し、在日ユダヤ人のみならず、震災などで窮状にさらされた日本人につねに救いの手を差し伸べてきたユダヤ教のラビ(聖職者)、ビンヨミン・Y・エデリー氏です。

エデリー氏は、東日本大震災の際、新しい礼拝所建設のために集めていた資金約6000万円をすべて東北の被災者への援助金に使い、それだけでなく、自ら毎週、現地に出向いて焼きいもの炊き出しなどさまざまな奉仕活動を行ってきました。

その功労が認められて、エデリー氏は宮城県岩沼市長より感謝状が贈られたほか、2013年には日本政府より永住権が与えられ、2015年には日本政府が公認する日本初の主席ラビに就任しました。

新しい拠点を日本人とユダヤ人の文化交流センターに
エデリー氏は現在、大森にある拠点ハバッドハウスで、在日ユダヤ人や日本人をはじめ、イスラム教徒などさまざまな宗教や立場の人々を温かく迎えるために門戸を開いて、毎週金曜夜の安息日の食事などを無料提供してきました。

また、各種ユダヤ教のお祭りや儀式、また日本人向けのユダヤ教についての勉強会や、コーシャフードの講座などを開講し、ハバッドハウスはすでに、日本人、ユダヤ人、その他あらゆる人々のための交流の場である文化センター的な役割を担ってきました。

しかし現拠点は築50年の老朽家屋であり、また年々増える訪問者を迎えるには明らかに手狭になっている状況です。
3月15日のタイムリミットまでに目標金額の達成へ

2017年の3月15日までに1億円が集まらなければ、マゴメ・ハウスは不動産デベロッパーの手に渡ってしまうため、緊急にみなさまのお力が必要なのです。

少額の寄付でも構いません。タイムリミットまでにぜひこのプロジェクトに協力を賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。